Tōdai ji  Daibutsu den  東大寺 大仏殿(金堂)

東大寺は733年に金鐘寺として若草山麓に創建された 東大寺盧舎那仏像は745年に制作が開始され752年に開眼供養会が行われたものでその金堂は2回の火災にあい1708年に再建された現存する世界最大の木造建築物で 高さ47m幅57m奥行50m瓦13万枚を使用している その大きさに圧倒されるとともに維持管理技術に驚かされる

Shōsō in  正倉院

正倉院の宝物は貴重でそれが創られた地では侵略や戦火により失われているが日本ではそれらが保存され見ることができる

    カウンター