Registan square  Samarkand

紀元前10世紀頃からオアシス都市として発展し始め紀元前4世紀にはソグド人の都市マラカンダとして栄え8世紀にウマイヤ朝により征服されイスラム国となり15世紀にはチムール帝国の首都として繁栄した サマルカンドの中心にあるレギスタン広場は 1420年に完成したウルグベクメドレセ 1630年に完成したシェルドルメドレセ 1660年に完成したティラカリメドレセの美しい神学校に囲まれている

Sher Dor

サマルカンドの都は光輝く土地もしくはオリエントの真珠として3000年の歴史を持つ中央アジア最古の都市で建造物のタイルの美しさから青い都とも賞賛された

        カウンター